英検の長文問題でディスカッションをする

小学生
05 /13 2017
英検の準2級や2級の長文問題は、興味深く、ディスカッションのネタにしやすい読み物が多いです。準1級や1級になると専門的すぎてネタにはなりません。

小学5年生が2級に挑戦中です。
英検は大人が受ける統一のTOEICとは違い、5級、4級であれば内容も小・中学生向けに作られていますが、2級ともなると、小学生ではまだ知識にない内容があるため、英語力以外のハードルも高くなります。

2015年度の長文問題の中に、Educating Finnsというタイトルの読み物がありました。
簡単に言うと、フィンランドの教育方針は他の教育水準の高い国々とは異なるものの、世界ランキングで1位にいる。生徒の学力別にクラス編成をすることはせず、宿題も出さず、教科書の決まりもなく、授業数は少ない。

この長文問題を終わらせた後、この内容について簡単にディスカッションしてみました。

わたし: It says "a student's academic performance does not affect which classes or schools that student attends", do you think it is a good idea?
女の子: ?
わたし: So your school has some different classes, one for students who are good at English, and one for standard classes. Finland doesn't have those. Good grade students and bad grade students study together. What do you think?
女の子: 教えにくそう。

教える側の目線で返答がきました。

最初は短い言葉での返答だったり、日本語での返しだったりでも、自分で考え言葉にする力を養うために、繰り返して練習していきたいと思います。英検二次対策にもなるかと。
スポンサーサイト

英語スピーチコンテストで最優秀賞

小学生
12 /27 2016
小学生の生徒が一人、英語スピーチコンテストに参加しました。
わたしの教室はとくにスピーチコンテストに参加している教室ではなく、何が基準とされているのかもわからないのですが、課題文を何度も練習しました。有名なスピーチ文だったので、YouTubeで本人のスピーチを実際に見ました。

まずは知らない単語の発音とアクセントを注意し、どこで区切るのか、どの単語や文節を強調するかなどを考え練習しました。
また、文と文の間をどのくらい空けるか、生徒自身で考えました。

ジェスチャーは学校の先生から、わざとらしいのはやめたほうがいいとアドバイスをもらい、自然に見えるジェスチャーをつけました。

コンテストは、低学年部門、高学年部門、中学生部門があり、各部門から優勝者、全体から最優秀賞者が選ばれるわけですが、高学年部門で優勝し、最優秀賞も獲得する快挙となりました。
生徒自身も練習の時から優勝したいと頑張っていたので、その成果が現れて大変嬉しく思います。

http://mainichi.jp/articles/20161211/ddl/k40/040/332000c
毎日新聞

小学4年生3ヶ月目

小学生
09 /16 2016
https://soundcloud.com/yuka-glenn/4th-grader-boy

残念ながら、アメブロにはサウンドクラウドを貼り付けられないようです。上のリンクから聞いてみてください。


今年5月頃からレッスンを受けている小学4年生の男の子の生徒です。

私立学校に通っているので、学校でも英語の授業があり、ネイティブスピーカーの先生が常時しています。

これまでに学校以外で英語や英会話のレッスンを受けたことはありませんでした。


大変素直な性格で、また好奇心も旺盛、英語を英語らしく話すことに恥ずかしさや抵抗がありません。


改善したい音: m, r

グレンちゃん

微力ですが、小学生、中学生、高校生に英語スピーキング(発話)の指導をしています。指導の経過を音源記録し、オンラインで発表していくことにしました。参考になればと思います。また、アドバイスなどもあればコメントください。

音源はサウンドクラウドにアップし、tumblrにまとめています。

http://glenn-chan.tumblr.com/

大人の方のスピーキング指導は未経験です。もし興味がありましたらコメントかメッセージをください。

メインサイト
http://yuka.fukuoka.jp