スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検の長文問題でディスカッションをする

小学生
05 /13 2017
英検の準2級や2級の長文問題は、興味深く、ディスカッションのネタにしやすい読み物が多いです。準1級や1級になると専門的すぎてネタにはなりません。

小学5年生が2級に挑戦中です。
英検は大人が受ける統一のTOEICとは違い、5級、4級であれば内容も小・中学生向けに作られていますが、2級ともなると、小学生ではまだ知識にない内容があるため、英語力以外のハードルも高くなります。

2015年度の長文問題の中に、Educating Finnsというタイトルの読み物がありました。
簡単に言うと、フィンランドの教育方針は他の教育水準の高い国々とは異なるものの、世界ランキングで1位にいる。生徒の学力別にクラス編成をすることはせず、宿題も出さず、教科書の決まりもなく、授業数は少ない。

この長文問題を終わらせた後、この内容について簡単にディスカッションしてみました。

わたし: It says "a student's academic performance does not affect which classes or schools that student attends", do you think it is a good idea?
女の子: ?
わたし: So your school has some different classes, one for students who are good at English, and one for standard classes. Finland doesn't have those. Good grade students and bad grade students study together. What do you think?
女の子: 教えにくそう。

教える側の目線で返答がきました。

最初は短い言葉での返答だったり、日本語での返しだったりでも、自分で考え言葉にする力を養うために、繰り返して練習していきたいと思います。英検二次対策にもなるかと。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

グレンちゃん

微力ですが、小学生、中学生、高校生に英語スピーキング(発話)の指導をしています。指導の経過を音源記録し、オンラインで発表していくことにしました。参考になればと思います。また、アドバイスなどもあればコメントください。

音源はサウンドクラウドにアップし、tumblrにまとめています。

http://glenn-chan.tumblr.com/

大人の方のスピーキング指導は未経験です。もし興味がありましたらコメントかメッセージをください。

メインサイト
http://yuka.fukuoka.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。